動産物件の買取総合商社

事業内容

  • HOME »
  • 事業内容

「モノ」に再び日の光を当てる。

「モノ」は個人のアイデンティティを形成する重要な役割を持つといわれています。では、企業にとっての設備はどうでしょうか。導入から様々な想いを募り、年代を越えて人から人へ受け継がれ、たくさんの人に愛され、大切な企業のビジネスを牽引する。「モノ」はそれぞれにストーリーを持ち、まさに企業のアイデンティティの一部そのものだと考えております。

しかし、時の流れや事業撤退等、様々な事情でそれらを手放す時が来ることかと思います。
そんな時、「モノ」への愛着は忘れられ、簡単に「ゴミ」へと変わってしまいます。

高見商会株式会社では、ひとつひとつの「モノ」へ価値を見出し、未来へ必要とする人へ、温かい気持ちを持って「モノ」を再び日の光の当たるところへ送り出す懸け橋になりたいと考えております。

多様なリース資産の取扱経験に裏打ちされた強み

高見商会株式会社は、長年メガバンク系リース会社様や地方銀行系リース会社様、企業系のリース会社様の遊休資産の委託業務を請け負って参りました。

一般にリース契約は、使用する借手企業の代わりにリース会社が物件を代わって購入し、賃貸を行います。その対象動産物件は多岐に渡り、パソコン等の情報機器や店舗什器から、大型の物になれば工場等の生産設備で使用される産業機械、建設現場で使用される建設機械・重機、大学や製薬会社で使用される理化学研究設備など、借手企業の業態に沿って様々な機器が賃貸されます。
リース契約満了や解約に伴い遊休資産となった時、動産品の御買取、御引取を業務委託して頂き、様々な物件の買取、引取りに対応するうちに、リユース業者としての素養を高めて参りました。そのなかで、中古動産品を買取り再びマーケットへ送り出す為に必要な事は3つだと感じております。

まずは第一に目利き。
中古市場での需要と供給のバランスは業界の動向等によって大きく変わります。私達はたくさんの物件の評価をして参りました。中古市場のニーズを見極め、タイムリーな目利きを可能としております。

第二に物流です。
特に買取り一連の中で難しくて潜在的なニーズがあるのが物流であると考えております。
小さな機械であれば買取りに伴う引取りも容易です。しかし、大型の機械になればなるほど、そうはいきません。搬出に大掛かりな工事が必要となる物件も御座います。搬出後の運搬も大切です。
大型機械の搬出や、難しい物流の経験を培ってまいりました。
引取の難しい案件も御相談ください。御客様の困ったを必ず解決致します。

そして、第三に販売です。
引取が完了し、回収した物件を再販する上で、適正な仕分けを行います。
国内での卸販売、インターネットを活用したエンドユーザー向けへの販売。海外への輸出やマテリアル品としての販売。
豊富な販売チャネルをフル活用し、その商品の業界に合った販売方法を活用することで、その販路を広め、買取品目を拡充して参りました。

小さな会社では御座いますが、地道な努力を続け、リース会社様より沢山の遊休資産業務を委託して頂きました。

その中で、主に法人様の所有する動産物の御取り扱いに特化したリユース品の総合商社として、一般企業様の自社所有動産物件を買い取りに対応させて頂くことが可能となりました。
今後もさらなる努力を続け、時代に合ったお客様にとって本当に必要とされるサービスを追求して参ります。

主なサービス内容

お気軽にお問い合わせください TEL 072-647-5142 営業時間 9:00~17:00

PAGETOP
Copyright © TAKAMI SYOKAI Co.,Ltd. All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.